白髪をポジティブにとらえるかネガティブに捉えるかの違い

白髪を目立たなくする方法を考える時、幾つかの方法が有りますが
一般的に白髪を目立たなくしたいと言う人は、白髪であることを、とてもマイナスなイメージで考えているのではないでしょうか。

【白髪でない部分に色を合わせて染める】

自分が思うほど他人はあなたの白髪を気にはしていませんが、自分で気になりだしたら
白髪が少しでもあるとイヤでイヤで仕方なくなるのです。

そんな時は、思いきって白髪以外の髪の色に合せてカラーリングすれば良いのです。

間違っても、真っ黒や若作りしてライトブラウンにするのはオススメできません。
自毛で白髪以外の部分とナチュラルに馴染むような色目を選んで染めることです。

【カラーマニキュアをする】

毛染めのなかでもヘアマニキュアは髪の表面だけに少し色づく程度なので、時間の経過とともに色落ちします。
最初は濃いめに色がつきますが、見た目も自然です。

黒髪に対する白髪の割合にもよるのですが、男性ならネイビーやモーヴなどのヘアマニキュアをすることでお洒落感も増します!

色落ちしてきた頃も、これがまた白髪には自然に馴染んで、黒髪の間からブルーっぽい色や赤紫系の色が見えるのも素敵です。

【あえて染めずにヘアカットでスタイルチェンジする】

今まで書き記した毛染めというのは、どちらかというと白髪をネガティブに捉えている人への提案です。
けれども、男性の白髪は決してイメージの悪いものではありません。

人は誰でも白髪になり得るのです。
在りのままの変化を受け入れて、白髪もポジティブに考えましょう。

いつもとは違ったカッティングでヘアスタイルを創ってもらうと
新しい自分に出会えますよ!

もし染めるのであれば、
男性白髪染めラボでシャンプーやリンスタイプが紹介されている
このようなサイトを参考にすると、よりイメージしやすいのではないかと思う。

白髪用ファンデーションで隠すことができるのです

白髪が伸びてくると生え際に白髪が目立ってきます。白髪が目立ってくると年齢があらわれてしまって、憂鬱な気分になってしまうものです。そういう時には、通販生活で売っている白髪用のファンデーションで隠すと簡単に白髪を隠すことができます。

以前は草の芽というパウダーファンデーション式のもので、パウダーをスポンジにつけて、それを白髪のところに塗って隠していましたが、最近では、花の葉という名前で、クリームファンデーション式になって売っています。
続きを読む “白髪用ファンデーションで隠すことができるのです”

薄毛にしても白髪にしても、しがみつくより何かしら対策を

中年男性の場合ですと、白髪はいいですけれど、薄毛ですと一気に年をとって見えますね。いや、白髪も十分に実年齢よりも年齢が増して見えるというものですけれど、それにも増して頭髪がないことの方が、見た目年齢を上げていると感じます。

そしてまた、薄毛にしても「もうつるっぱげている状態」でしたら、いさぎの良い感じがしますが、バーコードのような頭髪でも、なんとなく「まだねだっている」という感じが伝わってくるようなヘアースタイルですと、みっともないとも感じてしまいます。
続きを読む “薄毛にしても白髪にしても、しがみつくより何かしら対策を”

年齢相応の白髪や薄毛を気にするなんて時間の無駄!

我が夫の髪は大泉洋ばりの天然パーマです。アラフィフになり白髪が目立つようになっても天然パーマのおかげか違和感なく良い感じだと本人も私も思っています。

父が若白髪だったのもあり、白髪には全くと言って良い程抵抗はありません
が、年配の方が白髪染めでべっとり真っ黒の髪をしているのを見ると逆に違和感を感じてしまいます。
続きを読む “年齢相応の白髪や薄毛を気にするなんて時間の無駄!”

薄毛であっても白髪であっても素敵な人は素敵です。

私の知人でも薄毛や白髪の中年男性はたくさんいます。彼らを見て思うことは、ずばり、「薄めだな」とか「白髪だな」と思う程度です。人によって顔の作りが違うのと同じレベルの認識です。
ただ、顔にとても深いシワがある人を見ると、苦労の多い人生なのかな…というイメージを抱きます。つまり、あまりにも薄毛だったら、男性ホルモンが多いのかな…とか、かなりの白髪だったら、気に病むようなことが多い人生なのかな…と連想します。自分の知識の範囲での勝手な連想です。
続きを読む “薄毛であっても白髪であっても素敵な人は素敵です。”